東京の格安不用品回収なら5000円不用品回収グリーンズサイクル

江戸川区で冷蔵庫の安い処分方法は?無料回収の注意点についても

江戸川区で冷蔵庫を廃棄処分するには、どのような方法があるでしょうか。この記事では、江戸川区で冷蔵庫を廃棄処分する方法を4つご紹介します。後半では冷蔵庫無料回収の注意点についても解説しました。ぜひ参考にしてみてください。

目次

江戸川区の冷蔵庫の4つの処分方法

料金の安さ手間の
かからなさ
総合評価
1不用品回収業者に依頼
2近くの家電量販店に依頼
3家電リサイクル受付センターに申し込む
4自分で指定引取場所への持ち込む

不要な冷蔵庫は、4つの方法で処分することができます。それぞれの方法の具体的なステップやメリット、デメリットを以下で具体的に説明していきます。

1、不用品回収業者に依頼する

費用5,500円〜
総合評価

不用品回収業者の冷蔵庫の回収方法

1つ目の方法は、不用品回収業者に依頼する方法です。利用する流れとしては、まずホームページや広告に記載されている電話やメールで問い合わせをします。見積もりだけであれば無料で対応してくれるため、なるべく複数社に問い合わせて条件の良い業者を見つけましょう。

口コミや評判を確認しておくとより安心です。

グリーンズリサイクルへ依頼すれば

グリーンズリサイクルは、不要な家電製品をまとめて5,500円で回収してくれるサービスです。冷蔵庫に限らずエアコンやテレビ、金属製の棚なども対象なので、引っ越しや断捨離などの際におすすめです。

→グリーンズリサイクルの詳細はこちら

2、近くの家電量販店に依頼をする

費用家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(家電量販店により異なる)
総合評価

家電量販店別の収集運搬料金

家電販売店名収集運搬料金
ヤマダ電機1650円(税込)
ビックカメラ1,650円(税込)
エディオン1,100円〜2,750円(税込)

家電リサイクル法に準じた処分をする場合、家電量販店に回収・廃棄を依頼するという選択肢もあります。

家電量販店といえば家電を購入する際には馴染みが深いのですが、回収のみでも依頼はできます。

購入した家電量販店への依頼がセオリーですが、ネット通販と遠方で譲り受けた物など、購入先が異なる物でも家電量販店では回収依頼が可能です。

家電量販店の冷蔵庫の回収方法について

家電量販店の回収には、下記のような3パターンで依頼が可能です。

  1. 新しい冷蔵庫を配達してもらう際に、古い冷蔵庫を回収してもらう
  2. 古い冷蔵庫の回収のみを依頼する
  3. 自分で家電量販店に持ち込む

多くの場合、購入時に中古の冷蔵庫を回収するか確認が入りますので、その際に希望をすれば配達と同時に回収してもらえます。

収集運搬料金は新しい冷蔵庫の代金と同時に請求されることが大半で、回収時には家電リサイクル料のみ請求されることが一般的でしょう。

ネット通販や遠方から譲り受けた冷蔵庫を処分の際は、中古の冷蔵庫のみを運搬してもらうことになるので、家電リサイクル料金と別途運送料金を支払う必要があります。

中古の家電回収については家電量販店によって規定も異なるため、事前に相談しておきましょう。

家電のリサイクル料金とは?

家電4品目
・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機

上記で挙げている家電4品目は特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)の対象となり、通常の大型ごみと同じ処分はできません。

例えば、主要メーカーであるパナソニック、シャープ、日立、東芝の冷蔵庫の場合、

小(170リットル以下):3,740円(税込)
大(171リットル以上):4,730円(税込)

家電4品目に該当する製品を家電リサイクル法に従じた処理には「運搬料+リサイクル料金」を支払うことが必須です。

メーカーと品物のサイズによってリサイクル料は分かれており、冷蔵庫では170リットルと171リットルかで料金の設定が違います。国内メーカーの冷蔵庫は、この金額をひとつの判断基準にすると良いでしょう。

家電リサイクル法を基準とした冷蔵庫の処分には、いくつかの方法が考えられます。どのケースにおいてもリサイクル料金は処分を依頼した人が支払うルールですが、料金の支払いには「家電リサイクル券」の発行が必須です。

家電リサイクル券の発行には「料金販売店回収方式」と「料金郵便局振込方式」の二つの区分があり、処分方法によって方式も別れています。

処分を正式に依頼したという証明もできる券なので、必ず控えも受け取りましょう。

3、家電リサイクル受付センターに申し込む

費用家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(3,157円)
総合評価

家電リサイクル法を基準に、東京23区内の住民から依頼を受けて対象となる家電などの回収受付をするのが家電リサイクル受付センターです。

ウェブサイトや電話での申し込みで、東京都からの業務委託を受けている業者が指定場所に訪問し回収してくれます。

依頼時に気を付けるべき点は、運搬料金の内訳には、冷蔵庫を室内からの搬出に必要な費用が含まれていないというところです。

大抵の業者は、指定場所までしか回収には来れません。家からの搬出作業は別途料金がかかることが多いので、日時の決定前に運び出しの範囲も想定しておくと安心できますよ。

 家電リサイクル受付センター

    電話 03-5296-7200
受付:月曜日から土曜日、午前8時から午後5時

4、自分で指定引取場所への持ち込む

費用家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)
総合評価

江戸川区は利用できませんが周辺の地域には、廃棄したい家電の持ち込みが可能な指定引取場所がいくつか存在しています。

郵便局で家電リサイクル料金の支払いを済ませ、支払い済みの家電リサイクル券を冷蔵庫に貼り付け、運んでいけば引き取りも可能です。

運搬搬出料が付かない分、安価な方法と言えますが指定場所まで自力で運搬しなければいけません。レンタカー代等を想定すると、家電量販店や不用品回収業者等への依頼の方が、安価で回収できることも考えられます。総額でいくらになるのか、あらかじめ算出しておくことが大切なことです。

江戸川区周辺の指定引取場所

指定引取場所

所在地

電話番号

岡山県貨物運送株式会社江戸川事業所

江戸川区臨海町4丁目3番1号 葛西トラックターミナル2号棟

電話:03-5667-7060

江戸川区での冷蔵庫無料回収業者の2つの注意点!

  1. 新品同様のものしか取り扱ってくれない
  2. 高額請求のリスクがある

1、新品同様のものしか取り扱ってくれない

江戸川区で必要のない冷蔵庫を無料で引き取るという内容の、ネット広告やポスト広告などを目にしたことがある方も多いかと思います。

しかし無料回収は、一見魅力的に見えますが気を付けなければいけないマイナス面があるのを知っていますか?

こういった業者の多くは、無料回収できる冷蔵庫の条件を「製造後3年以内」としていることがほとんどです。

また、冷蔵庫の状態や搬出に関する制限があり「製造後3年以内・汚れや不快なニオイなどがない・段差のない場所からの搬出」などの条件に該当していないと、追加で料金が発生するケースもあります。

当日の作業後に追加料金が発生すると、トラブルにつながるケースも考えられます。無料回収が成立できる条件を調べておき、万が一キャンセルをする場合の手順なども事前によく確認しておくようにしましょう。

2、高額請求のリスクがある

不用品回収業者の中には料金の概要をあえて不鮮明にして、作業に着手したあとに高額請求してくる悪質なものがあります。無料回収と伝えながら家電を搬出後に、高額請求を要求されたというトラブルは少なくありません。

特に引っ越しなどで作業時間が制限されていると、不用品が放置されて困るため渋々了承するしかなく、支払いをしたという例も報告されています。

消費生活センター等に寄せられる相談には不用品回収に関する内容が多く、営業方法が好ましくない業者も増えています。

回収品の廃棄を希望する場合には各地方自治体の許可や委託、古物商の資格等を持つことが前提条件です。チラシやウェブサイトに古物商番号や一般廃棄物収集運搬業許可番号が掲載されているか、事前に確認しておきましょう。

提示された内容で総額がどれくらいかかるか、変更時の対応策などを事前に取り決めておくことで、トラブルを事前に食い止めることは可能です。

冷蔵庫を売るという選択肢について

製造年度がまだ新しい冷蔵庫であれば、中古品として売却してしまうのもひとつの方法です。ネットが普及する前はリサイクルショップでの売却が一般的でしたが、最近は「ネットオークションやフリマアプリ」で取引するという選択も出てきました。

梱包や搬出面では不便な点がありますが、リサイクルショップによっては引き取りを現地に訪問して搬送料を含めて計算してくれる親切な業者もあるようです。

また「フリマアプリ」でも、価格を設定し手放したい冷蔵庫を手軽に売却することができる時代になりました。

ただし、製造年度の古いものや汚れや使用感の目立つものは、手数料や搬送価格が売却価格を上回ってしまうこともあるので注意が必要です。廃棄はしたくないが、多少費用をかけても誰かに譲りたいという方には、適切な方法なのではないでしょうか?

売れやすい冷蔵庫とは?

中古市場で高額に買取されやすい冷蔵庫は、下記の特徴があります。

  • 製造から3年以内
  • 匂いや傷などがない
  • 有名メーカーや人気機能を搭載している

まず前述したとおり、製造から3年以内の比較的新しい製品が該当しています。

食品を保存することが目的である以上、内部が清潔であることが重要視されます。つまり、悪臭や傷のないクリーンな冷蔵庫は高額で取引されやすいのです。

またブランド価値のあるメーカーや、人気の機能を搭載したものもニーズが高く、高額買取の確率は高まります。

しかし年数の経過しているものや、使用感があると認識されるものは搬送料などが上回ることもあるので気を付けましょう。

江戸川区の冷蔵庫回収はグリーンズリサイクルへ

グリーンズリサイクルは、東京23区内どこでもお電話のみで不用品の処分に訪問いたします。

1tトラックに積み放題で定額5,500円、家電から金属まで様々な製品を回収させていただきます。お電話からの無料見積もりにも素早く対応いたしますので、後日に多額の請求が来るなどのご心配もありません。

ご指定の時間帯に訪問し、業務経験が長いスタッフが丁寧に回収作業をいたします。所要時間も平均10分程度で終わりますので、引っ越し等で多忙な場合にも安心してお任せ下さい。

事前に不明点やご相談をお電話でお伺いしておりますので、その点もご安心ください。

→グリーズリサイクルの詳細はこちら

まとめ

今回の記事では、必要のない冷蔵庫を安い費用で処分できる方法について解説をしていきました。

最後にこの記事の内容をまとめていきます。

・冷蔵庫は家電リサイクル法の対象になるため、回収・廃棄を適した方法で行う必要がある

・新しい冷蔵庫の売却を考えたとき、状態により搬送料や手数料を差し引いてマイナスになることもあり得る

手間や費用を省いた安全な処分には、グリーンズリサイクルをご検討ください。

定額5,500円で故障した古い家電や金属製品をまとめて回収できます。ご不明な点などございましたら、お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる