東京の格安不用品回収なら5000円不用品回収グリーンズサイクル

渋谷区で冷蔵庫の安い処分方法は?無料回収の注意点についても

買い替えや断捨離、引っ越しなどで冷蔵庫が不要になった際は、ルールに従って処分しなくてはなりません。

しかし、いざ冷蔵庫を処分しようとすると「どのように処分したらいいかわかならい」と困っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、渋谷区内で冷蔵庫を処分する方法をいくつかご紹介、最も費用がかからず手間が少ない処分方法をご提案します。

また、後半では広告等でよくみかける冷蔵庫の無料回収について、利用を検討する際に注意したいポイントについても解説しました。ぜひ、参考にしてください。

目次

渋谷区の冷蔵庫の4つの処分方法

料金の安さ手間の
かからなさ
総合評価
1家電リサイクル受付センターに申し込む
2近くの家電量販店に依頼
3自分で指定引取場所への持ち込む
4不用品回収業者に依頼

冷蔵庫には4つの処分方法があります。それらの具体的な流れやメリット、デメリットを提示のうえ、ご紹介します。

1、家電リサイクル受付センターに申し込む

費用家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(3,157円)
総合評価

家電リサイクル受付センターでは、家電リサイクル法に基づき、東京23区内の住民から対象品目の回収受付を行っています。ウェブサイトや電話で事前に申し込むと、都から受託した業者が指定場所まで回収に来てくれる仕組みです。

家電リサイクル受付センターを利用する際の注意点は、運搬料金の中に冷蔵庫を家から指定場所まで運び出す費用が含まれていないことです。指定された場所までしか来てくれない業者が大多数のため、家からの運び出しは別料金になります。

依頼する際には、家からの運び出しも可能かなど、きちんと確認しておきましょう。

 家電リサイクル受付センター

    電話 03-5296-7200
受付:月曜日から土曜日、午前8時から午後5時

2、近くの家電量販店に依頼をする

費用家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(家電量販店により異なる)
総合評価

家電量販店別の収集運搬料金

家電販売店名収集運搬料金
ヤマダ電機1650円(税込)
ビックカメラ1,650円(税込)
エディオン1,100円〜2,750円(税込)

家電量販店でも冷蔵庫を回収・廃棄してくれます。買い替えの際に不要なものを回収してもらうイメージがありますが、実は回収のみの依頼も可能です。

この場合、家電リサイクル法が適用されます。

購入した家電量販店に回収も依頼すべきと言われていますが、オンラインや遠方で購入したものなど、購入先以外の店舗で回収してもらうことは可能です。

家電量販店の冷蔵庫の回収方法について

家電量販店の回収方法は、下記の3パターンがあります。

  1. 新しい冷蔵庫の配達の際に、古い冷蔵庫を回収してもらう
  2. 古い冷蔵庫の回収のみ依頼
  3. 自ら家電量販店に持ち込む

新しい冷蔵庫を購入する時に古い冷蔵庫の回収が必要かどうか店舗側から聞かれるかと思います。その際に手続きをすると手間がかかりません。新しい冷蔵庫の代金に収集運搬料が含まれているケースがほとんどなので、家電リサイクル料のみで回収してもらえます。

オンラインや遠方で購入した冷蔵庫を処分する際は、家電リサイクル料金に加え、古い冷蔵庫の運送費が必要になります。古い家電の回収については家電量販店によって取り扱い方が異なるので、事前に確認しておきましょう。

家電のリサイクル料金とは?

家電4品
・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機

上記の家電4品目は特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)の対象で、通常の大型ごみのように処分できません。

例えば、主要メーカーであるパナソニック、シャープ、日立、東芝の冷蔵庫の場合、

小(170リットル以下):3,740円(税込)
大(171リットル以上):4,730円(税込)

家電4品目を家電リサイクル法に従い処理する際は、運搬料+リサイクル料金が必要です。リサイクル料金はメーカーと家電の大きさによって区分されていて、冷蔵庫の場合、170リットルと171リットルで料金が異なります。

主な国内メーカーの冷蔵庫は、この金額を目安にしましょう。

家電リサイクル法に基づいて冷蔵庫を処分するにはいくつかの方法があり、いずれもリサイクル料金は処分の依頼者が支払います。

そして、料金の支払いには「家電リサイクル券」が必要です。

家電リサイクル券は「料金販売店回収方式」と「料金郵便局振込方式」の二つに分かれ、処分方法によっていずれかになります。適

適正に処分した証明になるので、控えは必ず受け取りましょう。

3、自分で指定引取場所への持ち込む

費用家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)
総合評価

処分したい冷蔵庫を直接持ち込むことができる「指定引取場所」という場所があります。

郵便局で事前に家電リサイクル料金を支払い、処分したい冷蔵庫と支払い済みの家電リサイクル券を持参すれば引き取ってもらえる仕組みです。

運搬搬出料がかからないため比較的安価な方法ですが、指定引取場所まで自分で運ばないといけないところがデメリット。

軽トラックなどを持っていない場合、レンタカー代などがかかりますので、結果的には家電量販店や不用品回収業者等に依頼するほうが安いケースもあります。

総額でいくらになるのか計算した上で検討しましょう。

指定引取場所は渋谷区にはありませんが、周辺の近くにはいくつかあります。

渋谷区周辺の指定引取場所

指定引取場所

所在地

電話番号

岡山県貨物運送(株) 京浜支店

大田区平和島2-1-1京浜トラックターミナル10号棟

電話:03-3762‐8261

(株)LNJ小泉 京浜島第二倉庫

大田区京浜島3-3-12

電話:03-5755-9100

4、不用品回収業者に依頼する

費用5,500円〜
総合評価

不用品回収業者の冷蔵庫の回収方法

冷蔵庫の処分方法の1つ目は、不用品回収業者への依頼です。不用品回収業者とは、家庭や会社の不用品を回収する業者のことで、費用の相場は回収料や出張料を入れて5500円~が目安です。

不用品回収業者は電話やホームページでの問い合わせだけで依頼でき、業者が自宅から冷蔵庫を運び出してくれるので労力がかからないことが利点。

自分の都合の良い日時に回収を依頼でき、エレベーターのない集合住宅などでも運んでくれるため、ひとり暮らしやご高齢の方も安心です。

トラブルに巻き込まれないためにも、実績と資格のある不用品回収業者に依頼するようにしましょう。

渋谷区での冷蔵庫無料回収業者の2つの注意点!

  1. 新品同様のものしか取り扱ってくれない
  2. 高額請求のリスクがある

1、新品同様のものしか取り扱ってくれない

家のポストに入っているチラシやネット広告などで「冷蔵庫無料回収」を謡っている広告をたくさん見かけます。しかし、「タダほど怖いものはない」という言葉通り、これには裏があることはご存知ですか?

無料回収を謡う業者の多くは、無料で回収する冷蔵庫の条件を「製造後3年以内」としているケースがほとんどです。また、冷蔵庫の使用状態や搬出する場所などにも制限を設けていることも多く「製造後3年以内・匂いや汚れなし・段差のない場所からの搬出」などの条件に当てはまらないと、追加料金が必要になる場合も多々あります。

現場に来たあとに追加料金が必要だと言われ、トラブルへ発展するケースも多数あります。無料回収してもらうための条件、キャンセル規定なども事前によく確認しておくようにしましょう。

2、高額請求のリスクがある

不用品回収業者の中には、料金等の説明をあえて明確にせず、作業完了時に高額な料金を請求する悪徳業者もいます。広告等では無料回収だと聞いていたのに、冷蔵庫等の家電を搬出したあとで、高額な料金を請求されたというトラブルは多発しています。

特に引っ越しなど、時間がない中で依頼している場合、このまま冷蔵庫を置いて行かれたら困るという理由で、高額な料金を支払ってしまったという人もいます。

実際に、消費生活センター等での相談事例には不用品回収に関するものも多く、適正な営業をしていない業者がいかに多いかを実感します。
廃棄物の回収や廃棄を行うには各地方自治体の許可や委託、古物商の資格等が必要になるため、チラシやウェブサイトに古物商番号や一般廃棄物収集運搬業許可番号が掲載されているか、依頼する前に確認しましょう。

総額でいくらになるのか、作業後に金額等の変更があった際の扱いなどを事前に業者に確認することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

冷蔵庫を売るという選択肢について

製造年度が比較的最近の冷蔵庫であれば、中古品として売却する方法もあります。これまでは、中古冷蔵庫の売却先はリサイクルショップが一般的でしたが、最近はネットオークションやフリマアプリなども活用されています。

売却する際は梱包や搬出などが心配ですが、現地まで引き取りに来て搬送料と差し引いて売却料金を計算してくれるリサイクル業者もありますよ。

フリマアプリの場合は、梱包込みで価格を設定できるサービスもあるため、不要な冷蔵庫を手軽に売却することができます。

ただし、製造年度が古かったり汚れや使用感が目立つ冷蔵庫は、手数料や搬送価格が売却価格を上回るおそれがあります。捨てるにはもったいないから、多少お金がかかっても誰かに使ってもらいたいという方であれば、フリマアプリも選択肢に入るでしょう。

売れやすい冷蔵庫とは?

中古市場で高値になる冷蔵庫は、どのようなものでしょうか?

  • 製造から3年以内
  • 匂いや傷などがない
  • 有名メーカーや人気機能を搭載している

前述のとおり、製造から3年以内の新しいものが高値になります。

冷蔵庫は食品を保存するための家電なので、清潔感が最も重視されます。そのため、匂いや傷のない新しい冷蔵庫は高値になりやすいといえるでしょう。また、国内の有名メーカーや人気機能を搭載したものも需要が高く、高額買取が期待できます。
逆に、年数が経った古い冷蔵庫や使用感のあるものは、売却費用よりも搬送料などのほうが上回ることもあるので要注意です。

渋谷区の冷蔵庫回収はグリーンズリサイクルへ


グリーンズリサイクルは、東京23区内であればどこでも、お電話1本で冷蔵庫などの不用品の回収に伺っています。

1tトラックに不用品を何点積んでも定額5,500円、回収の対象は幅広く、家電製品から金属製品まで。お電話での無料見積もりにも迅速に対応、あとから請求金額が変わることなどはありませんのでご心配不要です。

不用品の回収の際は、ご指定の時間帯にお伺いし、不用品回収業務の経験が豊富なスタッフが手早く回収作業を行います。作業は平均10分程度で完了致しますので、引っ越し等でお忙しい時にもご利用ください。

ご依頼を検討されている段階でも質問やご相談をお電話でお伺いしておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

→グリーズリサイクルの詳細はこちら

まとめ

この記事では、不要になった冷蔵庫を安価に処分する方法をご紹介しました。製造後年数が経っていない新しい冷蔵庫は売却することも選択肢に入りますが、冷蔵庫の状態によっては搬送料や手数料を差し引くとマイナスになることもあります。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象のため、適正な手段で回収・廃棄する必要があります。

手間や費用をなるべく押さえて安全に処分されたい場合は、ぜひグリーンズリサイクルへ。

定額5,500円で、不要になった家電や金属製品などをまとめて回収します。ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる