東京の格安不用品回収なら5000円不用品回収グリーンズサイクル

目黒区で冷蔵庫の安い処分方法は?無料回収の注意点についても

買い替えや断捨離、引っ越しなどで不要になった冷蔵庫は、ルールに従って処分する必要があります。

しかし「具体的にどのような方法があるのかよく分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。この記事では目黒区内で冷蔵庫を処分する方法を料金と手間の両面で比較しながらご紹介しています。

また、後半では冷蔵庫の無料回収について、気を付けたいポイントについても解説しました。ぜひ、参考にしてください。

目次

目黒区の冷蔵庫の4つの処分方法

料金の安さ手間の
かからなさ
総合評価
1近くの家電量販店に依頼
2家電リサイクル受付センターに申し込む
3自分で指定引取場所への持ち込む
4不用品回収業者に依頼

目黒区内で冷蔵庫を処分する方法は、4つあります。ひとつひとつ、具体的な流れや費用について見ていきましょう。

1、近くの家電量販店に依頼をする

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(家電量販店により異なる)
総合評価

新品の家電を取り扱う家電量販店でも、冷蔵庫の回収を依頼できます。

新しい冷蔵庫に買い換える場合や、近所に家電量販店があるときなどは便利な回収方法です。

家電量販店別の収集運搬料金

家電販売店名収集運搬料金(税込)
ヤマダ電機1650円
ビックカメラ1,650円
エディオン1,100円〜2,750円

家電量販店に冷蔵庫の回収を依頼すると、リサイクル料と収集運搬料がかかります。リサイクル料は、冷蔵庫の大きさによって違い170L以下が3,740円~、171L以上が4,730円~となっています。

また収集運搬料は家電量販店によって違うので、回収を依頼するときに確認してください。収集運搬料が安いところを選ぶといいでしょう。

家電のリサイクル料金とは?

家電4品目
・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機

冷蔵庫だけでなく、テレビや洗濯機、エアコンの家電4品目は「家電リサイクル法」という法律で、処分する際には全国で必ずリサイクル料金を支払わなければいけません。

リサイクル料金は全国どのエリアでも同じで、家電の年式や状態は関係なく、大きさとメーカーで決まっています。

家電リサイクル料金は、リサイクル券を購入して回収業者の店舗の店頭で記入するやり方と、郵便局などで事前に家電リサイクル料金を支払い記入するやり方があります。業者に冷蔵庫回収を依頼すると、料金の支払い方法について指定されるの従いましょう。

主要メーカーであるパナソニック、シャープ、日立、東芝の冷蔵庫の場合、

小(170リットル以下):3,740円(税込)
大(171リットル以上):4,730円(税込)

冷蔵庫(冷凍庫)の家電リサイクル料金は、170L以上が大型、171L以下が小型と分けられ、大型は税込4,730円、小型が税込3,740円となっています。

この家電リサイクル料金は、家庭用の冷蔵庫や冷凍庫を処分するときの価格で、業務用の冷蔵庫や冷凍庫には適用されません。業務用の冷蔵ショーケースやコールドテーブルなどは専門の産業廃棄物収集運搬業者に回収を依頼してください。

2、家電リサイクル受付センターに申し込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(3,157円)
総合評価

家電リサイクル受け付けセンターは、 東京23区の住民と事業者を対象に特定家庭用機器を回収している団体です。目黒区に住んでいる人や目黒区に事務所やオフィスがある業者は回収を依頼できます。

家電リサイクル受付センター

    電話 03-5296-7200
受付:月曜日から土曜日、午前8時から午後5時

依頼方法は、ホームページか電話でできます。回収費用は家電リサイクル料金と収集運搬料金のみですが、家電の取り外しや家からの搬出も依頼する場合は別途、費用がかかります。

自分で家から運び出せない場合は、不用品の搬出だけを便利屋などに依頼してもいいでしょう。

家電リサイクル受け付けセンターの冷蔵庫の回収方法について

家電リサイクル受付センターでの回収の流れを説明します。

家電リサイクル受け付けセンターに申し込みをし、指示された回収日時までに冷蔵庫の中を空にして電源を切っておきます。その後指定された建物の前や敷地内の駐車場などの場所に出しておけば回収してくれます。

目黒区だけでなく東京23区に居住する人ならば、誰でも利用できるので便利です。しかし、「回収場所までは自分で運ばなければいけない」、「繁忙期など混んでいると回収までにひと月以上時間がかかる」などのデメリットがあります。

3、自分で指定引取場所への持ち込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)
総合評価

自分で自治体の指定した指定取引場所まで冷蔵庫を持ち込んで処分する方法もあります。収集運搬料がかからず、家電リサイクル料金だけで回収してくれるので料金を安く抑えたい人におすすめです。目黒区の周辺の指定取引所は、以下の表に記載されている3か所があります。これ以外の指定取引所に持ち込んでも回収はしてもらえません。

目黒区周辺の指定引取場所

指定引取場所

所在地

電話番号

岡山県貨物運送株式会社京浜支店

東京都大田区平和島二丁目1番1号京浜トラックターミナル10号棟

電話:03-3762-8261

有限会社東南(たつみ)流通

東京都世田谷区喜多見一丁目13番2号

電話:03-5727-1425

株式会社LNJ小泉

東京都大田区京浜島三丁目3番12号

電話:03-5755-9100

自分で指定引取場所への持ち込む冷蔵庫の回収方法について

指定取引場所へ持ち込む場合の流れを紹介します。

予約は特に必要ありませんが、事前に電話をして回収を受け付けていない日時がないか確認しておくと安心です。また回収の受付時間内に持ち込む必要があるので、時間も確認しておきましょう。郵便局またはゆうちょ銀行で支払いをしてもらった家電リサイクル券と一緒に持ち込みます。

指定取引場所は回収などのサービスはなく、持ち込みの家電だけを受け付けています

自分で冷蔵庫を持ち込んで処分する場合は、車がないとレンタカーなどを借りなくてはいけなくなり、割高になってしまいます。冷蔵庫を運べる大きさの車があるなら、安く回収してもらえるのでおすすめです。

4、不用品回収業者に依頼する

料金5,500円〜
総合評価

目黒区には冷蔵庫を回収してくれる不用品回収業者がたくさんあります。ホームページを見て、それぞれの業者の特徴や料金を比較して選びましょう。あらかじめ見積もりを取ると安心です。

不用品回収業者の冷蔵庫の3つの回収方法について

不用品回収業者に冷蔵庫の回収を依頼する場合、依頼する人が、業者の事務所や指定された回収場所まで運ぶ店頭回収、業者が依頼人の自宅やオフィスに回収に来てくれる出張回収、宅配便を使って不用品を業者宛に送って処分してもらう宅配回収などがあります。

冷蔵庫はサイズが大きいため、宅配ではなく出張回収で処分してもらうケースが多いですが、小型冷蔵庫などの場合は、店頭回収を行う業者もあります。

不用品回収業者に冷蔵庫の回収を依頼すると、ほかの不用品を一緒に回収してもらえたり、依頼してから回収までの時間が短かったり、自分で運ぶ手間が省けたりするなどのメリットがあります。

不用品回収業者によっては、「トラックにいっぱいになるまでは一律料金」「不用品は10点まで定額」などのお得なパック料金を設定しているところもあります。多くの不用品が出る引っ越し前などの利用に便利です。

目黒区の冷蔵庫無料回収業者の2つの注意点について

目黒区には無料で冷蔵庫などを回収してくれる業者などがあります。これらの業者を利用するときの注意点をお伝えします。

1、新品同様のものしか取り扱ってくれない

インターネットなどで調べると、目黒区で不用品や冷蔵庫を回収する業者は数多くあります。リサイクル費用を少しでも安く抑えたいと考えると、これらの業者が一番いいと思えます。しかし、すべての冷蔵庫を無料で回収してくれるわけではありません。

製造後1~3年以内の新しい冷蔵庫ならば無料で回収するという業者が大半です。それよりも古い冷蔵庫を処分する場合には、費用がかかります。ただし、良心的な業者も中にはあり、製造後5年くらいまでの冷蔵庫なら無料で引き取ってくれるところもあります。

しかし10年以上経った冷蔵庫などは無料回収してもらえないと思った方がいいでしょう。また、製造後1~3年以内の冷蔵庫でも、壊れていたり臭いが取れなかったり、落ちない汚れがついていたりする場合も、無料回収してもらえないことがあります。

また、新しい冷蔵庫でも安いメーカーで販売価格が低い冷蔵庫の場合、無料回収を断られる可能性があります。

1~3年しか使っていない冷蔵庫を処分したいなら、中古冷蔵庫として売却することを考えましょう。無料回収を利用するよりも買取してもらえる可能性があります。

2、高額請求のリスクがある

不用品回収業者を利用してトラブルになったケースもあります。「無料回収と謳っているのに、実際は回収に来て高額の料金を請求された」などはよくある話です。

悪徳な業者の場合は、冷蔵庫を車に積み込んでしまってから料金を請求したり、引越し前の時間のない人をターゲットに高額請求をしたりします。はっきり断ることができればいいですが、泣き寝入りしてしまう人も中にはいます。

高額請求をしてくる悪徳業者には特徴があります。

  • 見積もりを作成しないで作業に取り掛かる
  • セールスの電話が何回もかかってくる
  • 業者の住所や料金の設定が曖昧でわからない
  • 過去の口コミに料金のトラブルなどが多く載っている

このような怪しいところがある業者には回収を依頼しないようにしましょう。

悪徳業者に引っかからないようにするには、回収までの時間に余裕を持って複数の業者に見積もりを取る、無料回収の条件や有料になる可能性があるかを事前にはっきり確認する、などを必ず行なってください。有料になる場合は、いくらくらい追加の料金がかかるのかも聞いておきましょう。

特に、セールスの電話がしつこくかかってくる業者は、依頼後トラブルに発展することが多いので気をつけましょう。

不用品回収業者を選ぶときには、「無料」という言葉だけで選ぶと失敗することがあります。

冷蔵庫を売るという選択肢について

製造後5年以内の冷蔵庫は売却できる可能性があります。冷蔵庫の平均寿命は9年ほどで、中古の冷蔵庫は一定の需要があるため、リサイクルショップに持ち込んだり、インターネットオークションに出したり、フリマサイトに出品したりしてみましょう。

ただし、大型冷蔵庫を送る費用は、引っ越し便扱いとなり高額になります。特に遠方への発送は高いので注意しましょう。

フリマサイトやネットオークションは日本全国の人が利用できるため、冷蔵庫を売却する場合は、「指定した場所まで取りに来てくれる人限定」などの条件を付けておくといいですね。

また、リサイクルショップなどで大型冷蔵庫を売却する場合は、店員が来て査定してくれる出張査定を利用すると便利です。

売れやすい冷蔵庫とは?

高額買取してくれる冷蔵庫とは、見た目がきれいで中も臭いや汚れがなく使用された感じがない状態のものです。

製造されてからまだ新しく、高機能の冷蔵庫ほど高く買取してもらえる可能性があります。しかし、新しい冷蔵庫でも汚れがこびりついていたり、臭いがあるものなどは、かなり安い買取価格になってしまうか、買取してもらえない場合もあります。

主要国内メーカーは高くなる傾向あり

日本のメーカーの冷蔵庫も高く買取してもらえます。三菱・日立・シャープなどの冷蔵庫は中古市場でも一定のニーズがあります。これらの冷蔵庫は、元値が高く高機能であるほど人気があり、高く売れます。

目黒区での冷蔵庫回収はグリーンズリサイクルへ

グリーンズリサイクルは、冷蔵庫のみの回収はもちろん、ほかの家電や不用品などと合わせて回収もしてもらえる業者です。2013年以前に製造されたような古い冷蔵庫でも、1点1,100~5,500円で回収してくれます。

申し込みは、電話またはメールで行えます。事前に見積もりを出してくれて、それ以外の料金は一切かからないので安心です。引越し前の不用品処分などのときにもおすすめです。

→グリーンズリサイクルについて詳細はこちら

まとめ

今回は、目黒区で冷蔵庫を安く処分できる方法を紹介しました。

1つの冷蔵庫だけを処分するなら、不用品回収業者でも家電量販店でもあまり差はありません。しかし、冷蔵庫を自宅から自力で搬出するのが難しい場合や、冷蔵庫以外にも不用品がある場合は、不用品回収業者がおすすめです。

目黒区まで出張回収に来てくれる不用品回収業者はたくさんあります。

グリーンズリサイクルでは、「1tトラック積め放題5,500円」というお得なプランを実施中です。また回収品目が幅広いのも特徴で、家電だけでなく金属製の家具やゲーム機なども回収してくれます。引っ越し前などで不用品を一気に処分したいときに便利です。もちろん冷蔵庫1つだけでも回収もしてくれるので、気軽に見積もりを出してもらいましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる