東京の格安不用品回収なら5000円不用品回収グリーンズサイクル

豊島区で冷蔵庫の安い処分方法は?無料回収の注意点についても

買い替えや、引っ越しなどで冷蔵庫が不要になったものの、「具体的にどのような方法があるのか分からない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。この記事では、豊島区内で冷蔵庫を処分する方法を料金と手間の両面で比較しながらご紹介しています。また、後半では冷蔵庫の無料回収について、気を付けたいポイントについても解説しました。ぜひ、参考にしてください。

目次

豊島区の冷蔵庫の4つの処分方法

料金の安さ手間の
かからなさ
総合評価
1近くの家電量販店に依頼
2家電リサイクル受付センターに申し込む
3自分で指定引取場所への持ち込む
4不用品回収業者に依頼

豊島区内で冷蔵庫を処分するには、4つの方法があります。これらの方法の具体的な流れや費用についてを解説します。

1、近くの家電量販店に依頼をする

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(家電量販店により異なる)
総合評価

家電量販店でも、冷蔵庫の回収を行っています。

新たに冷蔵庫を買い換える方や、近所に家電量販店がある方が利用しやすい処分方法です。

家電量販店別の収集運搬料金

家電販売店名収集運搬料金
ヤマダ電機1,650円(税込)
ビックカメラ1,650円(税込)
エディオン1,100円〜2,750円(税込)

家電量販店に冷蔵庫を回収してもらう際にかかる費用は、リサイクル料と収集運搬料です。
冷蔵庫のリサイクル料は170L以下が3,740円~、171L以上が4,730円~となっています。

収集運搬料は上記の表のように店舗によって異なるため、回収を申し込む際にあらかじめ料金を聞いておくようにしましょう。

家電のリサイクル料金とは?

家電4品目
・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機

冷蔵庫を含む上記の4つの家電品目は、「家電リサイクル法」という法律により、粗大ごみとして処分することができません。これは豊島区だけでなく全国どの自治体でも同じで、処分する場合には必ず「リサイクル料金」という費用がかかります。

リサイクル料金は、年式や状態で値段で変わることはなく、大きさとメーカーによって料金が決まります。170L以下を小型、171L以上を大型と区別した料金が設定されています。冷凍庫も同様です。

主要メーカーであるパナソニック、シャープ、日立、東芝の冷蔵庫の場合、

小(170リットル以下):3,740円(税込)
大(171リットル以上):4,730円(税込)

上記は、主要家電メーカーの冷蔵庫の場合の料金です。例えば、パナソニックの170L以下の冷蔵庫の場合、3,740円(税込)かかります。東芝の171Lの冷凍庫では、4,730円(税込)です。

なお、この家電リサイクル料金が適用になるのは家庭用の冷蔵庫・冷凍庫のみで業務用の冷蔵庫・冷凍庫は対象外です。業務用のコールドテーブルや冷蔵ショーケースなどは、専門の産業廃棄物収集運搬業者に依頼しましょう。

家電リサイクル券は回収してもらう店舗の店頭で記入する方式と、郵便局で事前に家電リサイクル料金を振り込みする際に記入する方式があるので、回収先が指定した方法で支払いや記入を行ってください。

2、家電リサイクル受付センターに申し込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(3,157円)
総合評価

家電リサイクル受け付けセンターとは、 東京23区に住んでいる区民と事業者の依頼を受けて、特定家庭用機器を回収している団体です。豊島区民や豊島区に事務所を構えている業者が依頼ができます。

家電リサイクル受付センター

    電話 03-5296-72000
受付:月曜日から土曜日、午前8時から午後5時

依頼方法は電話かセンターのホームページで可能です。必要な費用は家電リサイクル料金と収集運搬料金ですが、収集運搬料金の中に家電の取り外しや、家から回収指定場所までの搬出は含まれていません。
冷蔵庫が重くて家から運び出せない場合は別途搬出料金がかかります。運び出せないときは、便利屋などで搬出だけ依頼するという方法もあります。

この方法は、豊島区を含む東京23区に在住する区民ならば誰でも利用できる便利さがある一方で「部屋の中からは搬出してもらえない」「繁忙期は予約が1ヶ月以上先になることがある」というデメリットがあります。

家電リサイクル受け付けセンターの冷蔵庫の回収方法について

家電リサイクル受け付けセンターに申し込みを行うと、回収日時を指示されます。その時間までに電源を切り、内部を空にして、建物の前や敷地内の駐車場などに出しておきましょう。

3、自分で指定引取場所への持ち込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)
総合評価

指定取引場所とは、自治体が指定している特定家庭用機器の回収場所です。ここに自分で冷蔵庫を持ち込めば、家電リサイクル料金のみで回収してくれます。豊島区の指定取引所は、以下の表に記載されている1か所です。これ以外の指定取引所に持ち込んでも回収してもらえないので、注意しましょう。

豊島区周辺の指定引取場所

指定引取場所

所在地

電話番号

東亜物流株式会社 板橋リサイクルセンター

東京都板橋区舟渡1-6-8

電話:03-5914-6440

自分で指定引取場所への持ち込む冷蔵庫の回収方法について

予約は必要ありませんが、回収を受け付けている時間以外に持ち込んでも回収不可です。事前に電話をして、回収を受け付けている時間を確認するようにしましょう。

料金は、事前に郵便局及びゆうちょ銀行で振り込みし、家電リサイクル券を持参する必要があります。また、家まで回収に来てくれるサービスは行っていません。どんな家電でも必ず自分で持ち込む必要があります。

冷蔵庫を回収場所まで持ち込む場合はレンタカー等が必要になるため、他の手段に比べると割高です。また自分で運び出さなければいけないため、何人かの人手も必要です。トラックや大型車を所有している方以外は、難しいと言えるでしょう。

4、不用品回収業者に依頼する

料金5,500円〜
総合評価

不用品回収業者とは、家庭や会社から出た不用品を回収してくれる業者のことです。費用の内訳は回収料と出張料などで業者によって異なります。

豊島区は利用できる不用品回収業者が豊富にあります。業者によって費用はかなり差異があるため、必要ならば相見積もりをしてもらいましょう。

不用品回収業者の冷蔵庫の3つの回収方法について

  1. 出張回収
  2. 店頭回収
  3. 宅配回収

回収方法は、業者が依頼者の家まで回収に行く出張回収、依頼者が業者の事務所等まで回収してほしいものを持っていく店頭回収、宅配便で不用品を業者に送る宅配回収の3つがあります。

冷蔵庫は出張回収が一般的ですが、小型の冷蔵庫は店頭回収を行っている業者もあります。

不用品回収業者を利用するメリットには、「一度に複数の不用品を回収してもらえる」「依頼してすぐ回収に来てくれる」「重い不用品を家から搬出する必要がない」などがあります。冷蔵庫以外にも回収してほしいものがある場合は、不用品回収業者を利用すると良いでしょう。

業者によっては「不用品10点までを定額で」「トラックに積み放題を定額で」といったパック料金を設定しているところもあり、引っ越し前や断捨離の際に利用するのもおすすめです。

豊島区の冷蔵庫無料回収業者の2つの注意点について

  1. 新品同様のものしか取り扱ってくれない
  2. 高額請求のリスクがある

1、新品同様のものしか取り扱ってくれない

豊島区で不要になった冷蔵庫を回収すると宣伝している業者は複数あります。少しでも冷蔵庫を安く処分したい場合、利用を検討する方は多いかと思います。しかし、冷蔵庫であれば何でも無料回収してくれるわけではありません。

無料回収の対象となる冷蔵庫は、製造後1~3年以内の新しい冷蔵庫のみという業者が大半です。中には良心的な業者もあり、製造後5年ほどまでは無料で引き取ってくれるところもありますが、10年以上使った冷蔵庫を無料回収してくれる業者はほとんどいません。

また、条件を満たした冷蔵庫でも壊れていたり落ちない汚れや臭いがついている場合も、無料回収を断られることがあります。また、新しくても元値が安いメーカーの冷蔵庫も無料で回収してもらえる可能性は低いです。

1~3年しか使っていない冷蔵庫が不要になるというケースはまれであり、ほとんどが断られてしまいます。無料回収を利用するメリットはあまりありません。

2、高額請求のリスクがある

「無料回収と宣伝をしていながら、実際に依頼したら高額の料金を請求された」という事例もあります。

無料回収を謳う回収業者の中には、残念ながら悪徳業者もいます。悪徳業者の手口は巧妙で、冷蔵庫を積み込んでから料金を請求したり、引っ越し前などで時間がない人を狙って高額な料金を請求したりします。中には引っ越しの予定を変えられずにやむなく泣き寝入りしてしまう人もいるでしょう。

このような悪徳業者は下記のような特徴があります。

  • セールスの電話を何度もかけてくる
  • 見積りを作らず、いきなり作業を始める。
  • 住所や料金設定が不明確
  • 口コミで料金トラブルが多い

また、悪質業者にあわないために、以下のことに気をつけるようにしましょう。

  • 日程に余裕をもって複数社に見積もりをとる
  • 無料になる条件をしっかりと確認する、有料になる可能性はないか?有料になる場合はいくらかを確認しておく。

特に、家にセールスの電話を何度もかけてくる業者に依頼するとトラブルに発展することが多いです。

業者を選ぶ際、「無料」という言葉につられて期待しすぎないようにしましょう。

冷蔵庫を売るという選択肢について

中古の冷蔵庫は一定の需要があります。冷蔵庫の寿命は約9年です。製造から5年以内の冷蔵庫は売却できる可能性があります。

冷蔵庫を売却する方法としては、リサイクルショップの利用やネットオークション、フリマサイトの利用などがあります。ただし、大型冷蔵庫を遠方に搬送する場合は、引っ越し便扱いになり送料が高額になるので注意しましょう。

日本全国から利用できるフリマサイトやネットオークションを利用する場合は「家まで取りに来てくれる人限定」などの条件を付けるのがおすすめです。

また大型冷蔵庫を売却したい場合は、店員が家まで来て査定してくれる出張査定を行っているショップを利用するといいでしょう。

売れやすい冷蔵庫とは?

冷蔵庫は、食品を保管しておく家電です。そのため、見た目がきれいで使用感のないことが高額買取りの第一条件となります。

前述したように冷蔵庫の寿命は約9年です。製造年から日が浅く、高機能の冷蔵庫ほど高値がつきやすくなります。しかし、取れない汚れや臭いなどがついている場合、査定額が一気に下がるか買取不可になってしまいます。

主要国内メーカーは高くなる傾向あり

国内メーカーの冷蔵庫であることも高値買取の条件です。三菱・シャープ・日立などの冷蔵庫は中古でも一定の需要があり、元値が高い高機能な製品ほど人気があります。

一方、ドイツのメーカーである「マーベ」や「リープヘル」、アメリカのメーカー「アマナ」などの冷蔵庫が日本では販売されていますが、中古の人気はそれほどありません。元値は高いのですが、日本の住居のサイズに適していないことや、故障しても部品が手に入らないことがネックとなって、査定額が低くなる傾向があります。

ただし、外国のメーカー製冷蔵庫が中古で全く人気がない、ということはありません。数少ないですが外国のメーカー製冷蔵庫を中心に買取を行っている業者もあります。時間と根気があれば、外国メーカー製冷蔵庫の買取に力を入れている業者を探してみてもいいでしょう。

豊島区での冷蔵庫回収はグリーンズリサイクルへ

豊島区で冷蔵庫を安く処分したい方に、最もおすすめの業者はグリーンズリサイクルです。

冷蔵庫1点でも複数の家電との回収も可能なため、引っ越し前の不用品処分も、お得にできます。また、2013年以前に製造された冷蔵庫も1点につき1,100~5,500円の別料金で回収可能です。

申し込み方法は電話とメールがあり、メールは24時間受け付けしています。料金も、事前の見積もり以上の費用を請求されることはないため、安心して依頼できます。

詳しくはホームページをご覧ください。

→グリーンズリサイクルについて詳細はこちら

まとめ

豊島区で冷蔵庫を安く処分する方法を紹介しました。

冷蔵庫を1点だけ処分したいならば家電量販店に依頼するのも、不用品回収業者に依頼するのも大きな差はありません。

しかし冷蔵庫以外にも回収してほしい不用品がある場合や、冷蔵庫を家から搬出してほしいという場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。豊島区を対応エリアに含めている不用品回収業者は数多く、それぞれに特徴があります。不用品回収業者の中には悪徳業者もいるため、事前にしっかりと回収業者の情報を確認することが重要です。

グリーンズリサイクルでは、1tトラック積め放題5,500円というお得なプランを実施中です。回収品目も多く、家電・ゲーム機・金属製の家具などが対象品です。引っ越し前など不用品を一気に処分したい方におすすめの回収業者です。もちろん、冷蔵庫単品での回収も可能です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる