東京の格安不用品回収なら5000円不用品回収グリーンズサイクル

墨田区で冷蔵庫の安い処分方法は?無料回収の注意点についても

不要になった冷蔵庫を処分するには、全国どこでも3,000円以上の費用がかかってしまいます。今回は墨田区で冷蔵庫を出来るだけ安く処分する方法についてまとめてみました。参考にしてみてください。

目次

墨田区の冷蔵庫の4つの処分方法

料金の安さ手間の
かからなさ
総合評価
1不用品回収業者に依頼
2近くの家電量販店に依頼
3家電リサイクル受付センターに申し込む
4自分で指定引取場所への持ち込む

ここからは、墨田区における冷蔵庫の処分方法4点について、その料金や流れ、手間について解説します。

1、不用品回収業者に依頼する

料金5,500円〜
総合評価

不用品回収業者とは、家庭や会社から出た不用品を回収してくれる業者のことです。費用の内訳は回収料と出張料などで業者によって異なります。

墨田区は回収業者が充実しており、軽く検索するだけでも大量の業者がヒットします。ホームページに業者の長所やセールスポイントが載っていることも多いので、それらを見比べて比較するのが良いでしょう。
料金は業者によって大きく異なるため、必ず複数社に相見積もりをとり比較しましょう。

不用品回収業者の冷蔵庫の3つの回収方法について

  1. 出張回収
  2. 店頭回収
  3. 宅配回収

「出張回収」は業者が回収品を実際に取りに来る方法、「店頭回収」は依頼者が回収品を店頭にへと持ち込んで業者に回収してもらう方法、「宅配回収」は送れるものこそ限られますが、回収品を宅配で送って回収してもらう方法となります。

このうち、冷蔵庫は「出張回収」と「店頭回収」に対応していますが、一般的なのは出張回収です。冷蔵庫はやはり大きくて重たいため、依頼者が店頭へと持ち込むのはあまり現実的ではないのでしょう。

業者によっては「不用品10点までを定額で」「トラックに積み放題を定額で」といったパック料金を設定しているところもあり、引っ越し前などに利用するのも便利です。

グリーズリサイクルへ依頼すれば

東京都23区に対応した回収業者グリーンズリサイクルは出張回収サービスをしています。

冷蔵庫の出張回収に対応しているだけでなく、他の家電と組み合わせちたセット価格5,500円で回収可能。古い冷蔵庫でもしっかり回収できますので、冷蔵庫を回収に出したい方はぜひご検討ください。

→グリーズリサイクルの詳細はこちら

2、近くの家電量販店に依頼をする

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(家電量販店により異なる)
総合評価

家電量販店でも、冷蔵庫の回収を行っています。

新たに冷蔵庫を買い換える方や、近所に家電量販店がある方が利用しやすい方法になります。

家電量販店別の収集運搬料金

家電販売店名収集運搬料金
ヤマダ電機1650円(税込)
ビックカメラ1,650円(税込)
エディオン1,100円〜2,750円(税込)

以上が家電量販店での冷蔵庫回収にかかる「収集運搬料金」となります。店舗によって大きく異なるため、事前によく調べておくのが大切です。

ここにリサイクル料と加えると、実際にかかる料金が計算できるのですが、また冷蔵庫は大きさによって料金が変動します。
具体的には170L以下だと3,740円から、171L以上だと4,740円から、リサイクル料金が発生します。これに運搬料が加わる点にご注意ください。

家電のリサイクル料金とは?

家電4品
・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機

家電リサイクル法という法律により、冷蔵庫はごみとしての処分が禁止されています。粗大ごみは大きなものを扱う分野ですが、冷蔵庫は例外に指定されているのです。
そのため、冷蔵庫を処分するときには必ずリサイクルする必要があり、それに際して「リサイクル料金」が発生します。

リサイクル料金は全国均一で、かつ古さや形式、状態、型番で値段が変動することもありません。料金を決定するのは、冷蔵庫のメーカーと大きさだけです。

リサイクル料金を支払うための「家電リサイクル券」には、郵便局で実際に料金を振り込む際に詳細を記入するタイプと、回収する店舗にて記入するタイプがあります。
それぞれの形式にあわせて対応しましょう。

主要メーカーであるパナソニック、シャープ、日立、東芝の冷蔵庫の場合、

小(170リットル以下):3,740円(税込)
大(171リットル以上):4,730円(税込)

こちらがメジャーなメーカーの冷蔵庫リサイクル料金となります。
小サイズ、大サイズともになかなかの金額です。

ちなみに、このリサイクル料金はあくまでも家庭用の冷蔵庫と冷凍庫にのみ適用されるもの。大型の業務用冷蔵庫や特殊な方の冷凍庫などは別の料金体系となります。これらは産業廃棄物として扱われますので、そちらに連絡をして確認しましょう。

3、家電リサイクル受付センターに申し込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(3,157円)
総合評価

家電リサイクルセンターは23区内の家電を回収しています。一般市民だけでなく事業者も持ち込めるのが特徴です。

家電リサイクル受付センター

    電話 03-5296-7200
受付:月曜日から土曜日、午前8時から午後5時

回収依頼はホームページと電話にて受け付けています。リサイクル料金と収集運搬料金が発生しますが、この収集運搬料金には、家電を家から取り外したり、回収指定場所まで運び出す手間賃は含まれていません。

そのため、冷蔵庫を回収指定場所まで自力で運べない場合、別途料金が発生します。なおどうしても運べない場合、何でも屋などに搬出を依頼する手もあります。

家電リサイクル受け付けセンターの冷蔵庫の回収方法について

家電リサイクル受け付けセンターに申し込みを行うと、回収日時を指示されます。その時間までに電源を切り、内部を空にして、建物の前や敷地内の駐車場などに出しておきましょう。

この方法は、墨田区を含む東京23区に在住する区民ならば誰でも利用できる便利さがある一方で「部屋の中からは搬出してもらえない」「繁忙期は予約が1ヶ月以上先になることがある」というデメリットがあります。

4、自分で指定引取場所への持ち込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)
総合評価

指定取引場所とは、自治体が指定している特定家庭用機器の回収場所です。ここに自分で冷蔵庫を持ち込めば、家電リサイクル料金のみで回収してくれます。墨田区の指定取引所は、以下の表に記載されている2か所です。これ以外の指定取引所に持ち込んでも回収してもらえないので、注意しましょう。

墨田区周辺の指定引取場所

指定引取場所

所在地

電話番号

白井エコセンター 株式会社

足立区入谷五丁目16番28号

電話:03-3857-0236

自分で指定引取場所への持ち込む冷蔵庫の回収方法について

回収の指定取引所を使う場合、前もって連絡をいれて回収を受け付けている日時を確認します。この際、予約をとっておく必要はありません。

ただし、指定回収場所であればいつでも回収を受け付けているわけではなく、受け付けていない日時に持ち込んでも当然ながら断られてしまいます。
さらに、リサイクル物の自宅への回収サービスも行っておりませんので、どうにか自力で運搬する必要があります。

また、リサイクル料金はゆうちょ銀行で振り込むか、郵便局窓口で支払う必要があります。基本的に現金のみとなりますのでお気を付けください。
支払いを行うと家電リサイクル券がもらえますので、こちらを利用して回収をしてもらう流れになります。

他の方法に比べると、大きくて重い冷蔵庫を回収場所まで運ぶ方法が必要になります。マイカーに載せられるならいいのですが、車に積み込むのも大変でしょう。
もちろん、マイカーに載せられない場合は、大きなレンタカーなどの運搬方法を別途用意することとなります。

墨田区の冷蔵庫無料回収業者の2つの注意点について

  1. 新品同様のものしか取り扱ってくれない
  2. 高額請求のリスクがある

1、新品同様のものしか取り扱ってくれない

墨田区にて活動している冷蔵庫の無料回収回収業者はたくさんありますが、その多くは新品同然のものしか回収しません。

製造から3年以内のものしか取り扱っていない業者も多く、5年以内のものを扱う業者ですら数が限られます。それ以降のものはほぼ回収してもらえないでしょう。
さらに、安いメーカーの冷蔵庫もしばしば回収を断られます。

こういった点を踏まえると、無料回収業者を利用するメリットは薄いといえるでしょう。

1~3年しか使っていない冷蔵庫が不要になるというケースはまれであり、中古冷蔵庫として売却することもできます。無料回収を利用するメリットはあまりありません。

2、高額請求のリスクがある

無料回収のはずが、後になってお金を請求してくる悪徳業者も混じっています。
彼らは冷蔵庫をすでに回収してしまってから料金を請求したり、あるいは時間がなく裁判に持ち込めないような人を狙ってお金を要求します。こういった業者もなかなかにやり手で数が減らず、被害報告は後を絶ちません。

悪徳業者の特徴

  • セールスの電話を何度もかけてくる
  • 見積りを作らず、いきなり作業を始める
  • 住所や料金設定が不明確
  • 口コミで料金トラブルが多い

こういった業者は避けるのが無難でしょう。

【悪徳業者に合わないために】

悪徳業者に引っかからないための対策は、第一に「日程に余裕を持つ」ことです。
急いでいると業者や契約内容を吟味する時間が取れず、悪徳業者に引っかかっても争う時間がなく泣き寝入りしがちです。

こういった事態をさけるためにも、しっかりと余裕をもって行動しましょう。

また、時間に余裕があると、「無料回収となる条件」「有料になるならいくらになるか」など多数の条件をしっかりとチェックしておくことができます。結果として、たとえ有料になったとしてもよりお得に回収を済ませられるのです。

「無料回収」はとても魅力的な言葉ですが、踊らされないよう注意すべき危険な言葉でもあります。

冷蔵庫を売るという選択肢について

冷蔵庫は9年から10年ほど使えるため、稼働年数次第では中古として売りに出せます。

売り先としてはリサイクルショップ、ネットオークション、フリーマーケットがあげられますが、リサイクルショップは買取価格が安くなりがちで、後者2つはトラブルが起こった場合は自分で対処しなければならないリスクがあります。

また、大型冷蔵庫を遠くに送ると引っ越し便として高い送料が発生する点も注意が必要です。
そのため、フリーマーケットやネットオークションを利用する場合は実際に会って取りに来てくれる方にのみ売るとよいでしょう。

リサイクルショップを利用する場合、店の専門家が家に来て価格を審査する出張査定を利用すると便利です。

売れやすい冷蔵庫とは?

やはり食べ物を保存する家電ということで、きれいさが一番重視されます。汚れが少ないのはもちろんのこと、使用感もあまりないものが人気です。
また、衛生面の問題から臭いにも気を付けましょう。たとえ稼働年数以内でも、落とせない臭いがあると買取不可となり値段がつけられなくなります。

主要国内メーカーは高くなる傾向あり

三菱・シャープ・日立などの日本の人気メーカーの冷蔵庫はやはり人気が高く、いい値段がつきやすいです。高機能・高性能な商品は特に高嶺が期待できるでしょう。

一方でドイツ・アメリカ製の冷蔵庫はそこまで高値がつきません。決して人気がないわけではないのですが、やはり日本製に比べると信用度や機能の面で数段落ちるため、平均買取価格は落ちてしまいます。
ただし、これらに力を入れて買い取っている業者もありますので、ぜひ探してみてください。

墨田区での冷蔵庫回収はグリーンズリサイクルへ

グリーンズリサイクルは冷蔵庫1点からでも複数の家電とまとめての回収も可能。引っ越し前の不用品処分にもよく利用されています。
なお、2013年以前に製造された耐用年数切れ寸前の冷蔵庫も1100~5500円の料金をいただければ回収を承ります。

申し込み方法は電話とメールの2種類。
特にメールは24時間いつでも受付中。事前に見積りを作成し、それ以外の金額はかかりません。

詳しくはホームページをご覧ください。

→グリーンズリサイクルについて詳細はこちら

まとめ

墨田区にて冷蔵庫を安く処分する方法にもいろいろあります。

もしも冷蔵庫を1個だけ処分したいなら、家電量販店に依頼しても回収業者に依頼しても、価格はあまりかわりません。
しかし他にもまとめて家電を処分するときや、また冷蔵庫の搬出までお願いしたい場合は不用品回収業者にお願いするとよいでしょう。

なお、グリーンズリサイクルでは、1tトラック積め放題5,500円なる引っ越しや一斉処分に最適なプランを実施中。対象となる品目も多く、家電・ゲーム機・金属製の家具などが対象品です。

もちろん、冷蔵庫単品での回収のご依頼もお待ちしています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる