東京の格安不用品回収なら5000円不用品回収グリーンズサイクル

中野区で冷蔵庫の安い処分方法は?無料回収の注意点についても

中野区にお住まいの方が冷蔵庫を処分するには、どのような方法があるでしょうか。この記事では、中野区で冷蔵庫を処分する方法を4つご紹介しています。後半では冷蔵庫無料回収の注意点についても解説しました。ぜひ、参考にしてくださいね。

目次

冷蔵庫の処分には家電リサイクル料が必要

以下の家電4品目は特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)の対象となっています。通常の大型ごみのように処分することはできず、リサイクル料を支払って適切に処分することが求められています。

・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機

家電リサイクルの形式には「料金販売店回収方式」と「料金郵便局振込方式」の二つがあります。家電量販店に家電リサイクルを依頼した際は「料金販売店回収方式」、それ以外の方法なら「料金郵便局振込方式」と考えれば良いでしょう。料金をきちんと支払って適正な処分を依頼したという証明になるものなので、必ず控えを保存しておくことをおすすめします。

冷蔵庫の容量を確認する方法

リサイクル料金は、家電の大きさによってそれぞれ決められています。冷蔵庫の場合は170リットルを境にして料金が変わります。冷蔵庫本体に貼付されているシールに記載されている情報で、容量をチェックすることが可能です。

冷蔵庫の年式・サイズ

冷蔵庫のドアポケット周辺に貼られているシールには型番や製造年度、容量などが記載されています。

赤い丸で囲んだ部分が、製造年度と容量です。この情報はどの方法を選択しても必要になるものなので、事前に控えておくことをおすすめします。家電製品協会では、家電リサイクル料金(再商品化等料金)を以下のように定めています。

主要メーカー(パナソニック、シャープ、日立、東芝)の冷蔵庫
小(170リットル以下):3,740円(税込)
大(171リットル以上):4,730円(税込)

業者に運搬を依頼すると、この金額にプラスして運搬料や手数料が必要になってきます。いずれの場合も、最低このくらいはかかるという目安にしておくと良いでしょう。

中野区の冷蔵庫の4つの処分方法

中野区内で冷蔵庫を処分するには、以下のような4つの方法があります。これらの具体的な流れや費用、メリットとデメリットについて解説していきます。

料金の安さ手間の
かからなさ
総合評価
1.近くの家電量販店に依頼
2.家電リサイクル受付センターに申し込む
3.自分で指定引取場所へ持ち込む
4.不用品回収業者に依頼

1.近くの家電量販店に依頼する

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(家電量販店により異なる)
総合評価

冷蔵庫を買い換える際、搬入時に家電量販店に古い冷蔵庫を引き取ってもらった経験がある方も多いかと思います。多くの家電量販店では、古い冷蔵庫の運搬・回収のみも行っています。

家電量販店別の収集運搬料金

家電販売店名収集運搬料金
ヤマダ電機1650円(税込)
ビックカメラ1,650円(税込)
エディオン1,100円〜2,750円(税込)

家電量販店に冷蔵庫を回収してもらう場合、リサイクル料+収集運搬料がかかります。収集運搬料は店舗によって異なるため、回収を申し込む前に各家電量販店に問い合わせて確認するようにしましょう。
家電リサイクル料は全国どこでも共通ですが、収集運搬料金は店舗によって異なります。問い合わせ時に、併せて確認しておくことをおすすめします。

2.家電リサイクル受付センターに申し込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(3,157円)
総合評価

2つ目の方法は、家電リサイクル受付センターに依頼して回収してもらうという方法です。

家電リサイクル受付センターとは、東京23区の区民と事業者から依頼を受け、特定家庭用機器(家電4品目)を回収している団体です。事前に申し込みを済ませ、それぞれの区を担当している収集運搬業者に古い冷蔵庫を引き渡せば、回収完了です。

家電リサイクル受付センター

    電話 03-5296-7200
受付:月曜日から土曜日、午前8時から午後5時

家電リサイクル受付センターへの回収依頼は、電話かインターネットで行います。このとき気を付けなければいけないのは、部品の取り外しや指定回収場所までの運搬は自分たちでしなければならないということです。家の中からの運び出しも希望する場合は、収集業者に別料金を払って依頼することになります。

本来はリサイクル料(3,740円or4,730円)+収集運搬料(3,157円)=6,897円~7,887円ですが、別途運搬費がかかってしまうことになるので、どこまで回収に来てくれるかを依頼時にしっかり確認するようにしましょう。

回収時に気を付けたいポイント

回収日時が決まったら前日までに冷蔵庫の電源を切り、内部を空にしておきます。玄関の前や建物の前など、電話で確認した指定回収場所まで冷蔵庫を運び出しておきましょう。家電リサイクル受付センターは、東京23区在住の住民なら誰でも利用できるのが大きなメリットですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 回収場所まで自分たちで運び出さなければいけない
  • 自宅からの搬出には別料金がかかる場合もある
  • 春先などの引っ越しシーズンには、予約が取りづらい

引っ越しなどで対応できる日時が限られている場合は、できるだけ早めに予約しておくことをおすすめします。

3.自分で指定引取場所へ持ち込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)
総合評価

3つ目の方法は不要になった冷蔵庫を、指定引き取り場所まで自分で運搬する方法です。

指定取引場所とは、自治体が指定している不用品回収場所です。現在、中野区には指定引取場所がないため、他の区まで運ばなくてはなりません。しかし自分で運搬すれば費用はリサイクル料金だけで済むので、費用的にはかなり抑えられます。自分で冷蔵庫を運べる手段があり、かつ少しでも割安に冷蔵庫を処分したい人にはおすすめの方法といえるでしょう。

中野区周辺の指定引取場所

指定引取場所

所在地

電話番号

有限会社東南流通

世田谷区喜多見一丁目13番2号

電話:03-5727-1425

東亜物流株式会社

板橋リサイクルセンター

板橋区舟渡一丁目6番8号

電話:03-5914-6440

自分で指定引取場所へ持ち込む場合の注意点

指定引取場所への持ち込みには特別予約が必要というわけではありませんが、回収受付時間外に持ち込みをしても回収してもらえません。事前に回収可能な時間帯の確認をしておくことをおすすめします。

また、指定引取場所では郵便局で事前に支払った家電リサイクル券の提示が必要です。こちらも忘れずに持参しましょう。

4.不用品回収業者に依頼する

料金5,500円〜
総合評価

不用品回収業者とは、家庭や会社から出た不用品を回収してくれる業者のことです。ホームページや電話帳には、多くの業者が広告を出しています。できるだけ複数の業者に問い合わせて、平均的な金額を知ることが大切です。この時、見積もりを出すことを渋ったり、相場からあまりにも安い業者、電話対応が良くない業者は避けたほうが無難でしょう。

不用品回収業者の冷蔵庫の3つの回収方法について

不用品回収業者の回収方法には、以下の3つが挙げられます。

  1. 出張回収
  2. 店頭回収
  3. 宅配回収

業者が依頼者の自宅まで回収に行く出張回収、依頼者が業者の拠点まで回収してほしいものを直接持ち込む店頭回収、宅配便で不用品を業者に送る宅配回収などがあります。小型家電は店頭回収を行っている業者もありますが、冷蔵庫のような大型家電の場合は出張回収が一般的です。

不用品回収業者を利用するメリットとしては、「不用品を一度にまとめて回収してもらえる」「都合のいい日時に回収に来てくれる」「重い不用品を移動させる手間がかからない」などが挙げられます。

業者によっては、定額で「不用品10点までOK」「1tトラックに積み放題」などのパック料金を設定しているところもあるので、引っ越し前などの利用にもおすすめです。

グリーンズリサイクルなら、全部まとめて5,500円!

グリーンズリサイクルでは、東京23区内で不用品の出張回収を行っております。ご不要な家電製品と金属製品を何点でも5,500円(税込)で回収いたします。もちろん冷蔵庫も回収対象です。

多くの不用品回収業者は1点ずつ金額設定をしていることから「まとめて処分してもらおうとしたら、想定していた金額より高くついてしまった」というお声もよく聞かれます。その点グリーンズリサイクルは定額制なので、請求金額が跳ね上がる心配はありません。対象品目も非常に多く、家電のみならず鍋やフライパンなどの金属製品も回収いたします。引っ越しや断捨離の際に、ぜひご利用ください。

→グリーズリサイクルの詳細はこちら

中野区の冷蔵庫無料回収業者の2つの注意点について

  1. 新品同様のものしか取り扱ってくれない
  2. 高額請求のリスクがある

1.新品同様のものしか取り扱ってくれない

不要になった冷蔵庫を「無料回収」すると宣伝している業者は、中野区にも複数あります。しかし、無料回収にはいくつか条件があるのをご存知でしょうか?

冷蔵庫の無料回収には、製造後1~3年以内の新しい冷蔵庫のみという条件を設定している業者が大半です。製造5年~10年以上使用された冷蔵庫を処分するには、家電リサイクル料金と同程度以上の費用がかかると考えたほうが良いでしょう。

また、条件を満たした冷蔵庫でも、壊れていたり汚れや臭いがついている場合は無料回収を断られる場合があります。
回収直前になって追加料金が必要なことを告げられ、トラブルに発展するケースも散見されます。電話などで問い合わせる際は、無料回収の条件やキャンセル時の対応についてなど細かく確認することをおすすめします。

2.高額請求のリスクがある

無料回収には「回収を依頼したら、冷蔵庫搬出後に高額の料金を請求された」というトラブルが後を絶ちません。引っ越し前など時間に余裕がない人を狙うなど、手口も年々巧妙になっています。

無料回収を謳う悪徳業者には、下記のような特徴があります。

  • セールス電話がしつこい
  • 詳しい料金を提示せず、いきなり作業を始める
  • 住所や料金設定が不明確
  • 口コミで料金トラブルが多い

このような悪徳業者の被害に遭わないためには、事前にしっかり情報を集めておくことが大切です。不要品の回収には、各自治体の許可が必要です。ホームページに「古物商許可番号」や「一般廃棄物運搬業許可番号」などが明記されているか、必ずチェックするようにしましょう。

問い合わせ時に、無料回収の条件をきちんと聞いておくことも必要です。有料になる可能性があるか、また有料になる場合はいくらかかるのかも聞いておくと良いでしょう。トラブルに巻き込まれることがないよう、業者に依頼する際はしっかり吟味したいですね。

冷蔵庫を売るという選択肢について

製造から5年以内の比較的新しい冷蔵庫は、中古品として売却するという選択肢もあります。

最近はリサイクルショップやネットオークション、フリマサイトでの取引も活発に行われています。「家まで取りに来てくれる人限定」などの条件を付けるなど、売り方次第でそれなりの金額になることも期待できます。

また、リサイクルショップの場合は、冷蔵庫を自宅まで引き取りに来てくれる「出張買取」のシステムがあるショップを利用するといいでしょう。ただし、あまりにも古かったり汚れている冷蔵庫は、運搬手数料等で買取金額を上回ってしまうこともあるので、売却にはあまりおすすめできません。

売れやすい冷蔵庫とは?

無料回収の条件にもあったように、製造後3年以内の新しい冷蔵庫は売れやすい傾向にあります。冷蔵庫はその性質上、清潔感や安心感がより重視されるためです。また、ある程度古くても臭いや汚れが少なく見た目がとても綺麗なものや、三菱・シャープ・日立などの国内人気メーカーや高機能搭載の冷蔵庫には、常に一定の需要が期待できます。

逆に海外メーカー製の冷蔵庫は日本の住居サイズに合わないことや、故障時に部品が調達しづらいことから、需要はあまり高くありません。

中野区での冷蔵庫回収はグリーンズリサイクルへ

グリーンズリサイクルは、東京23区限定・家電専門の回収サービスを行っております。冷蔵庫1点だけ、または複数の家電や金属製品をまとめて回収も承っております。引っ越し前の不用品処分や断捨離で出た不用品にお困りの方は、ぜひご相談ください。23区内、どこでも回収に参ります。指定時間にご自宅までお伺いし、経験豊富なスタッフが丁寧・迅速に作業させていただきます。

申し込みは電話とメールで受付けており、メールは24時間受付可能です。事前に明瞭な見積もりを作成し、あとから追加料金を頂くことは一切ありませんのでどうぞご安心ください。

詳しくはホームページをご覧ください。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

→グリーンズリサイクルについて詳細はこちら

まとめ

今回は、中野区で冷蔵庫を安く処分する方法を紹介しました。冷蔵庫を1点だけ処分したいならば家電量販店や家電リサイクル受付センターに依頼するのも手ですが、冷蔵庫以外にも回収してほしい不用品がある場合や、冷蔵庫を家から運び出すのが難しい場合は不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

グリーンズリサイクルでは、1tトラック積み放題5,500円というお得なプランをご用意しております。回収品目も多く、電化製品・ゲーム機・金属製品や家具なども対象品です。
引っ越し前など、大量の不用品処分をお考えの方はぜひご相談ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる