千代田区で冷蔵庫の安い処分方法は?無料回収の注意点についても

千代田区で冷蔵庫を廃棄処分するには、どのような方法があるでしょうか。この記事では、千代田区で冷蔵庫を廃棄処分する方法を4つご紹介します。後半では広告等でよくみかける「冷蔵庫無料回収」についての注意点を解説しました。ぜひ参考にしてみてください。

目次

千代田区の冷蔵庫の4つの処分方法

千代田区の冷蔵庫の処分方法と評価一覧
処分方法料金の安さ手間の
かからなさ
総合評価
1不用品回収業者に依頼
2近くの家電量販店に依頼
3家電リサイクル受付センターに申し込む
4自分で指定引取場所への持ち込む

千代田区内で冷蔵庫を処分するには、4つの方法があります。まずは、これらの具体的な流れや費用について解説していきますね。

1、不用品回収業者に依頼する

料金5,500円〜
総合評価

1つ目は、不用品回収業者に依頼する方法です。冷蔵庫単体で依頼することも可能ですし、他の不用品と一緒に依頼することも可能です。不用品の量や大きさに合わせて、引き取り費用が変わります。

冷蔵庫は主に年式と状態によって料金が決まることが多いため、見積もりを依頼する前に冷蔵庫の扉内側に記載の年式や大きさを表す容量を確認しておくとスムーズに話が進められます。料金が業者ごとに大きく異なるため、なるべく複数社に見積もりを取り、安い業者を見つけましょう。

業者によっては「不用品10点までを定額で」「トラックに積み放題を定額で」といったパック料金を設定しているところもあるため、引っ越し前などで大量に処分したいものがある場合は特に便利です。

不用品回収業者の冷蔵庫の3つの回収方法

  1. 出張回収(業者が依頼者の家まで回収に行く)
  2. 店頭回収(依頼者が業者の事務所などに持っていく)
  3. 宅配回収(依頼者が宅配便で不用品を業者に送る)

冷蔵庫は出張回収が一般的ですが、小型の冷蔵庫は店頭回収を行う業者もあるので事前に確認しておきましょう。
不用品回収業者を利用するメリットは、主に次の3つです。

  • 一度に複数の不用品を回収してもらえる
  • 依頼してすぐ回収に来てくれる

グリーンズリサイクルへの依頼もおすすめ

リーズナブルな価格で回収してくれる業者をお探しならグリーンズリサイクルがおすすめです。グリーンズリサイクルは、東京23区を対応エリアとした出張回収の不用品回収業者です。

冷蔵庫単体はもちろん、他に不要な家電の回収を依頼しても定額5,500円(税込)です。運び出しのオプションサービス等には一部追加料金がかかりますが、基本的に定額料金内で出張費も含まれるため、なるべく費用を抑えたい方にぴったり。

お得な回収業者をお探しの方はぜひご利用ください。

→グリーンズリサイクルの詳細はこちら

2、近くの家電量販店に依頼をする

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(家電量販店により異なる)
総合評価

近くの家電量販店に依頼するという方法もあります。家の近くで新しい家電を選ぶことができるので、冷蔵庫を買い換える方や近所に家電量販店がある方が利用しやすい処分方法です。

また、家電量販店は冷蔵庫を処分する義務があるため、確実に処分することができるのも大きなメリットです。

家電量販店に冷蔵庫を回収してもらう際は、収集運搬料金とリサイクル料の2つの費用がかかります。リサイクル料と家電量販店別の収集運搬料金の目安は、以下の表で確認しましょう。

家電量販店別の収集運搬料金の目安
家電販売店名収集運搬料金
ヤマダ電機1650円(税込)
ビックカメラ1,650円(税込)
エディオン1,100円〜2,750円(税込)
冷蔵庫処分にかかるリサイクル料の例
サイズ料金
小(170リットル以下)3,740円
大(171リットル以上)4,730円

収集運搬料は上記の表のように店舗によって異なるため、詳しくは回収を申し込む際に伺ってください。

家電のリサイクル料金とは?

冷蔵庫は「家電リサイクル法」という法律により、全国どの自治体でも「粗大ゴミ」として処分することはできません。処分する場合には必ず「リサイクル料金」という費用がかかります。

リサイクル料が発生する家電は次の4品目です。

・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機

リサイクル料金は都道府県や年式、状態で変わることはなく、大きさとメーカーによって料金が決まります。

冷蔵庫を引き渡す際は、リサイクル証明となる「家電リサイクル券」の控えを渡されるので保管しておきましょう。家電リサイクル券の記入方式はいくつかあるので、回収先が指定したやり方で行ってください。

なお、この家電リサイクル料金は家庭用の冷蔵庫・冷凍庫のみが適用対象となり、業務用は対象になりません。業務用のコールドテーブルや冷蔵ショーケースなどを処分したい方は、専門の産業廃棄物収集運搬業者に依頼しましょう。

3、家電リサイクル受付センターに申し込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(3,157円)
総合評価

3つ目の処分方法は、家電リサイクル受付センターを利用するものです。家電リサイクル受付センターとは、 東京23区に住んでいる区民や事業者の依頼を受けて、特定家庭用機器を回収している団体です。

家電リサイクル受付センター

    電話 03-5296-7200
受付:月曜日から土曜日、午前8時から午後5時

この方法であれば、家電リサイクル券は受付センター側で発行してくれるので郵便局まで購入しにいく必要がありません。また、依頼は電話かセンターのホームページで手軽にできるのも嬉しいポイント。

ただし、費用の家電リサイクル料金や収集運搬料金の中に家電の取り外しや搬出は含まれていないため、自分で運搬しなければいけません。

冷蔵庫が重くて家から運び出せない場合は別途搬出料金がかかるので、搬出だけ便利屋などに依頼した方がいいかもしれませんね。

家電リサイクル受け付けセンターの冷蔵庫の回収方法

家電リサイクル受付センターに申し込みを行うと、回収日時を指示されます。その時間までに冷蔵庫の電源を切り、内部を空にして建物の前や敷地内の駐車場などに出しておきましょう。

この方法は、千代田区を含む東京23区に在住する区民ならば誰でも利用できる一方で、「部屋の中からは搬出してもらえない」「繁忙期は予約が1ヶ月以上先になることがある」というデメリットがあるので注意しましょう。

4、自分で指定引取場所への持ち込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)
総合評価

冷蔵庫を処分するときは、自分で指定取引場所へ持ち込むことも可能です。指定取引場所とは、自治体が指定している特定家庭用機器の回収場所です。

ここに自分で冷蔵庫を持ち込めば、家電リサイクル料金のみで回収してくれるので収集運搬料金がかかりません。この方法は、自力で運搬できればかなり安く処分できますよ。

千代田区周辺の指定引取場所

指定引取場所

所在地

電話番号

MDロジスフィールドサービス株式会社 江東営業所

江東区新木場1-11-15 マルフク産業(株)内 コウトウク シンキバ

電話:03-3522-6980

自分で指定引取場所への持ち込む場合の冷蔵庫の回収方法

指定取引所を利用するときは予約の必要はなく、受付時間内に冷蔵庫を持ち込むことで回収してもらえます。逆に、回収を受け付けている時間以外に持ち込んでも回収してもらえないので気を付けてください。

また、他の方法とは違い搬出サービスがなく、指定取引場所まで必ず自分で持ち運ぶ必要があるため、何度も行かなくて済むように回収受付日時は事前に確認しておくことが大切です。

支払いは郵便局やゆうちょ銀行で振り込みを行い、当日は家電リサイクル券を持参するようにしてください。

この方法は、リサイクル料金だけで処分できるのでお得に見えますが、冷蔵庫を回収場所まで持ち込む場合はレンタカー等が必要になるため、他の手段に比べると割高になる可能性が高いです。トラックを所有しているなど運搬手段がある場合は利用してみてもいいですね。

千代田区の冷蔵庫無料回収業者の2つの注意点について

できるだけ費用を抑えて処分したい方にとっては、無料回収はとても魅力的ですね。しかし、無料回収の対象となる製品が決まっていたり高額請求されたりと、思わぬ落とし穴があるので注意が必要です。

冷蔵庫無料回収業者に依頼する場合は、以下の2点に気を付けましょう。

  1. 新品同様のものしか取り扱ってくれない
  2. 高額請求のリスクがある

1、新品同様のものしか取り扱ってくれない

無料回収の対象となる冷蔵庫は、製造後1~3年以内の新しい製品のみという業者が多いので注意しましょう。

千代田区で不要になった冷蔵庫を回収すると宣伝している業者は複数ありますが、冷蔵庫であれば何でも無料回収するわけではありません。

中には良心的な業者もあり、製造後5年ほどまでは無料で引き取ってくれるところもありますが、10年以上使った冷蔵庫を無料回収してくれる業者はほとんどいないでしょう。

また、条件を満たした冷蔵庫でも壊れていたり落ちない汚れや臭いがついていたりする場合は無料回収を断られてしまうことがあります。

さらに、新しくても元値が安いメーカーの冷蔵庫は無料になる可能性が低いんです。

1~3年しか使っていない冷蔵庫が不要になることは少ないですし、中古冷蔵庫として売却する方がお得になることも多いので、無料回収を利用するメリットはあまりありません。

2、高額請求のリスクがある

無料回収業者を利用するときは、高額請求のリスクも考えなければいけません。実際に「無料回収と宣伝をしていながら、実際に依頼したら高額の料金を請求された」という事例もあるんです。

業者も巧妙で、冷蔵庫を積み込んでから料金を請求したり、引っ越し前などで時間がない人を狙って高額な料金を請求したりします。引っ越し前だと予定を急に変更できないのでやむなく泣き寝入りしてしまう人も多いでしょう。

このような悪徳業者は下記の特徴があります。トラブルに巻き込まれないためにもチェックしておきましょう。

  • セールスの電話を何度もかけてくる
  • 見積りを作らずいきなり作業を始める。
  • 住所や料金設定が不明確
  • 口コミで料金トラブルが多い

【悪徳業者に合わないために】

  • 日程に余裕をもって複数社に見積もりをとる
  • 無料になる条件をしっかりと確認する
  • 有料になる可能性や有料になる場合はいくらかかるかを確認しておく。

特に、家にセールスの電話を何度もかけてくる業者に依頼するとトラブルに発展することが多いので注意が必要です

業者を選ぶ際、「無料」という言葉につられて期待しすぎないようにしましょう。

冷蔵庫を売るという選択肢について

中古の冷蔵庫は一定の需要があるので、売却するという選択肢もあります。冷蔵庫の寿命は約9年程度といわれており、製造から5年以内の冷蔵庫は売却できる可能性があるんです。

冷蔵庫を売却するときは、リサイクルショップの利用やネットオークション、フリマサイトなどを利用しましょう。ただし、大型冷蔵庫を遠方に搬送する場合は、引っ越し便扱いになり送料が高額になるので注意が必要です。

日本全国から利用できるフリマサイトやネットオークションを利用する際は「家まで取りに来てくれる人限定」などの条件を付けると、費用を抑えて冷蔵庫を売ることができますよ。

また、大型冷蔵庫は高額で売却できる可能性があるのでサイズが大きい冷蔵庫を処分したい場合は、店員が家まで来て査定する出張査定を行っているショップを利用してみてください。

売れやすい冷蔵庫とは?

売れやすい冷蔵庫の第一条件は、見た目がきれいで使用感がないことです。冷蔵庫は、食品を入れる家電なので清潔感が非常に大切になってきます。

製造年から日が浅く高機能の冷蔵庫ほど高値はつきやすくなりますが、取れない汚れや臭いなどがついていると査定額が一気に下がったり、場合によっては買取不可になったりするので気を付けましょう。

主要国内メーカーは高くなる傾向あり

国内メーカーの冷蔵庫であることも高値買取の条件です。三菱・シャープ・日立などの冷蔵庫は中古でも一定の需要があり、元値が高い高機能な製品ほど人気があります。

一方、ドイツのメーカーである「マーベ」や「リープヘル」、アメリカのメーカー「アマナ」などの冷蔵庫はあまり人気がありません。

元値は高いのですが、日本の住居のサイズに適していないことや、故障しても部品が手に入らないことがネックとなって査定額が低くなることが多いんです。

ですが、外国のメーカー製冷蔵庫が全く人気がないわけではありません。数は少ないですが外国のメーカー製冷蔵庫を中心に買い取りを行っている業者もあります。

時間と根気がある方は、外国メーカー製冷蔵庫の買い取りに力を入れている業者を探してみてください。

千代田区での冷蔵庫回収はグリーンズリサイクルへ

千代田区で冷蔵庫回収業者を探している方はグリーンズリサイクルがおすすめです。グリーンズサイクルは、冷蔵庫1点から複数の家電との回収まで可能なため、引っ越し前の不用品処分にも利用できます。

申し込みは電話とメールからでき、メールは24時間受け付けています。事前に見積りを作成するので、後から追加料金を請求される心配もありません。

詳しくはホームページをご覧ください。

→グリーンズリサイクルについて詳細はこちら

まとめ

今回は、千代田区で冷蔵庫を安く処分する方法を紹介しました。

冷蔵庫を1点だけ処分したいならば家電量販店に依頼するのも、不用品回収業者に依頼するのも大きな差はありません。

しかし、冷蔵庫以外にも回収してほしい不用品がある場合や、冷蔵庫を家から搬出してほしいという場合は不用品回収業者を利用するのがおすすめです。千代田区を対応エリアに含めている不用品回収業者は数多く、それぞれに特徴があります。

引っ越し前など不用品を一気に処分したい場合はグリーンズリサイクルに一度ご相談ください。

冷蔵庫1点の回収はもちろんのこと、複数の不用品をまとめて処分したい際にも定額プラン利用できるので費用を抑えることができます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる