台東区で冷蔵庫の安い処分方法は?無料回収の注意点についても

台東区で冷蔵庫を廃棄処分するには、どのような方法があるでしょうか。この記事では、台東区で冷蔵庫を廃棄処分する方法を4つご紹介します。後半では広告等でよくみかける「冷蔵庫無料回収」についての注意点を解説しました。ぜひ参考にしてみてください。

目次

台東区の冷蔵庫の4つの処分方法

料金の安さ手間の
かからなさ
総合評価
1不用品回収業者に依頼
2近くの家電量販店に依頼
3家電リサイクル受付センターに申し込む
4自分で指定引取場所へ持ち込む

台東区で冷蔵庫を処分する方法は4つあります。処分するための具体的な流れや費用について解説します。

1、不用品回収業者に依頼する

料金5,500円〜
総合評価

不用品回収業者に依頼をすると、家庭や会社から出た不用品を回収してくれます。業者によって回収料と出張料など、費用の内訳が異なります。

台東区には不用品回収業者が豊富にあり、ホームページを開設している業者も多いです。 業者ごとに特徴があるので、比較しながら選ぶことをおすすめします。なるべく相見積もりを取り、比較して依頼する業者を選びましょう。

不用品回収業者の冷蔵庫の3つの回収方法について

  1. 出張回収
  2. 店頭回収
  3. 宅配回収

回収方法は3つあります。依頼者の家まで業者が回収に行く出張回収、回収してほしいものを業者の事務所等まで依頼者が持っていく店頭回収、回収してほしいものを宅配便で業者に送る宅配回収などです。

冷蔵庫の場合は出張回収が一般的ですが、小型の冷蔵庫は業者によって店頭回収を行っているところもあります。

不用品回収業者を利用すると、「複数の不用品を一度に回収してもらえる」「依頼をすると、すぐ回収に来てくれる」などのメリットがあります。

業者によっては「不用品10点までを定額で」「トラックに積み放題を定額で」といったパック料金を設定しているところもあり、引っ越し前などに利用するのも便利です。

グリーズリサイクルへ依頼すれば

グリーンズリサイクルは、出張回収の対応エリアが東京23区内限定の不用品回収業者です。

回収できる範囲を家電製品と金属製品に限定しており、定額料金5,500円(税込)で何点でも回収しています。
もちろん、冷蔵庫単体でも冷蔵庫と不要な家電製品をあわせても料金は変わりません。

→グリーズリサイクルの詳細はこちら

2、近くの家電量販店に依頼をする

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(家電量販店により異なる)
総合評価

冷蔵庫の回収は、家電量販店でも行っていますので、冷蔵庫を新しく買い換える方や、家電量販店が近くにある方には利用しやすい方法です。

家電量販店別の収集運搬料金

家電販売店名収集運搬料金
ヤマダ電機1650円(税込)
ビックカメラ1,650円(税込)
エディオン1,100円〜2,750円(税込)

冷蔵庫を家電量販店に回収してもらうと、リサイクル料と収集運搬料がかかります。
冷蔵庫のリサイクル料は170L以下だと3,740円~171L以上だと4,730円~です。

上記の表にもあるように、収集運搬料は店舗によって異なりますので、詳しくは回収を申し込む際にお問い合わせください。

家電のリサイクル料金とは?

家電4品
・エアコン
・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)
・冷蔵庫、冷凍庫
・洗濯機、衣類乾燥機

冷蔵庫は、全国どこの自治体でも「粗大ゴミ」として処分することはできません。これは、家電リサイクル法(有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律)によって決められているからです。

冷蔵庫を処分するときは必ず「リサイクル料金」がかかります。料金は、大きさとメーカーによって決められています。

リサイクルにかかる料金は、「料金販売店回収方式」(回収してもらう家電量販店の店頭で記入)と、「料金郵便局振込方式」(郵便局で事前に家電リサイクル料金を振り込みする際に記入)の2つの方式があります。
基本的に料金販売店回収方式が一般的ですが、回収先が指定した方法で行ってください。

主要メーカーであるパナソニック、シャープ、日立、東芝の冷蔵庫の場合、

小(170リットル以下):3,740円(税込)
大(171リットル以上):4,730円(税込)

冷蔵庫の大きさやメーカーにより、家電リサイクル料金は異なります。冷蔵庫・冷凍庫とも、リサイクル料金は、170L以下を小型、171L以上を大型と区別されています。

家電リサイクル料金は、家庭用として製造・販売された、冷蔵庫・冷凍庫のみが対象となります。業務用のものは対象外となりますので、専門の産業廃棄物収集運搬業者に依頼してください。

3、家電リサイクル受付センターに申し込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)

収集運搬料金(3,157円)
総合評価

家電リサイクル受付センターは、家電リサイクル法に基づき、東京23区に在住の区民と事業者から依頼を受けて、特定家庭用機器(家電4品目)の回収依頼の受付をしている団体です。台東区民や台東区に事務所を構えている業者は依頼することができます。

家電リサイクル受付センター

    電話 03-5296-7200
受付:月曜日から土曜日、午前8時から午後5時

家電リサイクル受付センターへの依頼するには、家電リサイクル受付センターのホームページ、もしくは、電話での依頼方法があります。
必要な費用は、家電リサイクル料金と収集運搬料金です。リサイクル料金や収集運搬料金には、家電の取り外しや家からの搬出は、料金に含まれていません。
重い冷蔵庫など家から運び出せない場合は、別に料金がかかります。

どうしても運び出せないときは、搬出だけ別業者にお願いするという方法もあります。

家電リサイクル受け付けセンターの冷蔵庫の回収方法について

冷蔵庫の回収方法は、家電リサイクル受付センターに申し込みをすると回収日時の連絡がきますので、それまでに、冷蔵庫の中の物を空にして電源を切り、家の前や駐車場などに出しておいてください。

家電リサイクル受付センターに申し込みをすると、東京23区に住んでいる区民なら誰でも利用できるといったメリットがありますが、逆に、「家電の取り外しや家からの搬出は行っていない」「繁忙期は予約が1ヶ月以上先になることがあるため予約が取りにくい」などのデメリットがあります。

4、自分で指定引取場所へ持ち込む

料金家電リサイクル料金(3,740円or4,730円)
総合評価

自分で冷蔵庫を指定取引場所(自治体が指定している特定家庭用機器の回収場所)に持っていくと、家電リサイクル料金のみで回収してくれます。
台東区の指定取引所は2か所(以下の表に記載)あります。こちら以外の指定取引所に冷蔵庫を持ち込んでも回収はしてもらえないので、注意してください。

台東区周辺の指定引取場所

指定引取場所

所在地

電話番号

白井エコセンター株式会社

足立区入谷5丁目16番28号

電話:03-3857-0236

上昇運輸株式会社

足立区南花畑4丁目3番22号

電話:03-5851-8044

自分で指定引取場所への持ち込む冷蔵庫の回収方法について

指定取引所を利用する場合は、あらかじめ電話をして回収を受けつけている日時を確認します。

予約は不要ですが、受付時間外に持っていくと回収できません。また、家までの回収サービスは行っていませんので、どんな家電でも必ず自分で持ち込む必要があります。
リサイクル料金は、郵便局もしくは、ゆうちょ銀行で支払い、家電リサイクル券をお持ちください。

回収場所に冷蔵庫を持ち込む場合は、レンタカーなどが必要となるので割高になります。他に運搬手段がある場合はそちらを利用するのも良いでしょう。

台東区の冷蔵庫無料回収業者の2つの注意点について

  1. 新品同様のものしか取り扱ってくれない
  2. 高額請求のリスクがある

1、新品同様のものしか取り扱ってくれない

台東区には、不要な冷蔵庫を回収してくれると宣伝している業者が複数あります。処分にかかる費用を少しでも安くしたい場合、利用を考えたくもなるかもしれません。ですが、冷蔵庫であればどんなものでも無料回収するわけではないのでご注意ください。

無料回収の対象となる冷蔵庫は、製造後1~3年以内の新しい冷蔵庫のみという業者が大半ですので、10年以上使った冷蔵庫を無料で回収してくれる業者はほとんどいません。中には、製造後5年程度の冷蔵庫でしたら、無料で引き取ってくれる良心的な業者もあるそうです。しかし、条件を満たした冷蔵庫だとしても、故障をしていたり、落ちない汚れや臭いなどがついている場合も、無料で回収するのを断られることがあります。

また、新しい製品だとしても、元値が安いメーカーのものだと、無料で回収してくれる可能性が低くなります。

1~3年しか使っていない冷蔵庫が不要になるというケースはまれであり、中古冷蔵庫として売却することもできます。無料回収を利用するメリットはあまりありません。

2、高額請求のリスクがある

中には悪徳な業者もいて「無料回収と宣伝しているのに、実際に依頼したら高額の料金を請求された」という事例があります。

冷蔵庫を積み込んでから料金を請求したり、引っ越し前などの時間がない人を狙って高額な料金を請求したりします。どうしても引っ越しの予定を変えられず、泣き寝入り状態になってしまった人もいるのではないでしょうか?

違法な業者に依頼すると、高額の料金を請求されたりや不法投棄のおそれがあるので、気をつけましょう。

悪徳業者は下記のような特徴があります。

  • セールスの電話を何度もかけてくる
  • 見積りを作らず、いきなり作業を始める。
  • 住所や料金設定が不明確
  • 口コミで料金トラブルが多い

【悪徳業者に合わないために】

  • 日程に余裕をもって複数社に見積もりをとる
  • 無料になる条件をしっかりと確認する、有料になる可能性はないか?有料になる場合はいくらかを確認しておく。

特に、家に何度もセールスの電話をかけてくる業者には気を付けてください。このような業者に依頼をするとトラブルに発展するケースが多いです。

業者を選ぶときは、「無料」という言葉につられて期待しすぎないようにしましょう。

冷蔵庫を売るという選択肢について

冷蔵庫の寿命は約9年ぐらいと言われていますが、中古でも一定の需要はありますので、製造から5年以内の冷蔵庫だと売却できる可能性があります。

売却方法は、リサイクルショップやフリマサイト、ネットオークションなどを利用するといいでしょう。ただし、大型冷蔵庫を遠方に搬送する場合は、引っ越し便扱いになり送料が高額になるので注意してください。

フリマサイトやネットオークションを利用し売却する場合は「家まで取りに来てくれる人限定」にするなど、条件を付けておくことをおすすめします。
また、大型の冷蔵庫の場合は、出張査定を行っているリサイクルショップがあります。店員が家まで査定しに来てくれますので、利用するといいでしょう。

売れやすい冷蔵庫とは?

冷蔵庫は、食品を保管しておく家電ですので、見た目がきれいで使用感のないことが高額買取りの第一条件となります。

前述したように、冷蔵庫の寿命は約9年ですので、まだ製造されてから日が浅く、高機能の冷蔵庫ほど高値はつきやすくなります。しかし、落ちない汚れや臭いなどがついている場合は、査定額が一気に下がる、もしくは買取不可になってしまう可能性があります。

主要国内メーカーは高くなる傾向あり

高値買取の条件として、国内メーカーの冷蔵庫だと価格が高くなる傾向があります。国内メーカーの冷蔵庫は中古でも一定の需要があり、三菱・シャープ・日立など元値が高い高機能な製品ほど人気です。

一方、日本で販売されているドイツのメーカー「マーベ」や「リープヘル」、アメリカのメーカー「アマナ」などの冷蔵庫は、中古でもあまり人気がありません。
これらは、日本の住居のサイズに適さず、故障しても部品が手に入りにくいことがネックとなり査定額が低くなることもあります。

しかし、外国製メーカーの冷蔵庫が、中古で人気がないという訳ではありません。少数ではありますが、外国製の冷蔵庫を中心に買取を行っている業者もありますので、探してみてもいいでしょう。

台東区での冷蔵庫回収はグリーンズリサイクルへ

冷蔵庫1点だけでも、複数の家電でも回収可能なため、引っ越し前などの不用品処分にご利用ください。なお、2013年以前に製造された冷蔵庫も、1点につき1100~5500円の別料金で回収が可能です。

お申し込み方法は電話とメールがあり、メールは24時間受け付けています。事前に見積りを作成し、それ以外の金額はかかりませんのでご安心ください。

詳しくはホームページをご覧ください。

→グリーンズリサイクルについて詳細はこちら

まとめ

今回は、台東区で冷蔵庫を安く処分する方法についてご紹介しました。

冷蔵庫を1点だけ処分するなら、家電量販店や不用品回収業者に依頼する方法があります。どちらに依頼しても大きな差はありません。

冷蔵庫以外にも回収してほしい不用品がある場合や、冷蔵庫を家から搬出してほしい場合は、不用品回収業者を利用することをおすすめします。台東区を対応エリアに含めている不用品回収業者は数多くあり、それぞれの業者に特徴があります。

グリーンズリサイクルでは、1tトラック積め放題5,500円というお得なプランを実施しています。回収品目も多く、家電・ゲーム機・金属製の家具などが対象品です。引っ越し前など、不用品を一気に処分したい場合はぜひご相談ください。冷蔵庫単品での回収のご依頼もお待ちしています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる